美容外科でできる小顔施術

subpage1

もう少し顔を小さくしたいと考えている女性は、世の中にはたくさんいらっしゃいます。


顔が小さければ、スタイルが良く見えるし、きれいに洋服を着こなせるからです。
美容外科には、顔を小さくすることができる脂肪吸引があります。
そもそも顔が大きく見える理由は、頬にたくさんの脂肪が付着しているからです。脂肪吸引では、頬の脂肪を専用のカニューレで吸引していきます。その結果、顔の面積を小さくできるので小顔効果が得られるというわけです。

美容外科に対する期待が寄せられています。

脂肪を吸引する際は、耳たぶの裏を切開します。頬を直接、切開するわけでは無いので、傷跡は全く目立ちません。

朝日新聞デジタル関連の情報をたくさん掲載しています。

それと、耳たぶは頬までの距離が近いので、効率よく脂肪を吸引することができるのです。
吸引を行った後は、耳たぶの裏の傷口を縫合して終了となります。
およそ15分くらいで手術が終了するので、気軽に受けることができます。

手軽に顔を小さくできますが、美容外科での施術後は頬をこまめにマッサージすることが大事です。



というのも、頬の脂肪吸引を行うと、皮膚が以前よりも硬くなるからです。

これは、正常に患部が回復している過程で生じる症状です。

この症状を早くに治すためには、患部のマッサージが有効というわけです。マッサージのポイントは、お風呂上りの血行が良い時に時間をかけてもみほぐしていきます。


最低でも一日5分くらいマッサージすると、状態がとても良くなります。

美容外科での施術後は、忘れずに行うといいです。